千葉栄町のソープランド街でランクにあったお店で稼ぐ

千葉県千葉市中央区の栄町といえば、千葉を代表する歓楽街です。その中には、ソープランド、ファッションヘルスといった固定店舗やデリヘル、ホテヘルといった派遣型風俗店の事務所や待機所、風俗案内所があります。

都市計画によって活気がなくなった千葉栄町駅

栄町は、かつて旧千葉駅と千葉県庁舎を結ぶ中間に位置し、繁華街となっていましたが、戦後の都市計画により、JR千葉駅と京成千葉駅は、それぞれ現在地に移転、商業機能が幕張方面に移ったりするなどして、利用者が減っています。また、栄町駅からそれぞれの駅までは、5分から8分程度の徒歩圏内であるため、風俗の利用でもない限り、あえて栄町で下車する必要に迫られることがありません。なお、近年の栄町駅の利用者は、200名前後であり、多くは風俗店の関係者、客であることが想像できます。

千葉栄町と言えば、ソープランド街

やはり千葉の栄町と言うと、風俗街、中でもソープランド街という印象が強いと言えます。千葉県特殊浴場協会に属している店舗は、2015年現在41店舗あり、総額1万円前半の大衆店から6万円を超える高級店までそろっています。全体としては、他のソープランド街と比べて料金設定が、低いと言えるでしょう。最寄りの栄町駅から、ソープランド街までは徒歩圏内であるため、吉原のように店の車で送迎されることはなく、タクシーの利用があるくらいのようです。

栄町ソープの稼ぎは、やや安め。多く稼ぐには他エリアへ

高級店では、110分でソープ嬢の手取りが33,000円にもなりますので、1日の平均的な接客数3人では、7万円を超えます。中級店では、80分16000円、格安店では、60分10,000円が、それぞれの手取り額です。高級店は、サービス単価が高いため、接客数が少なくても、かなりの金額を手にすることができますが、採用基準が高く、誰でも入店できるわけではありません。顔や体型も審査の対象ですし、お客を満足させるテクニック、会話力なども重要視されます。一方、中級店、格安店は、接客数を多くとる必要があります。また、既報のとおり、栄町のソープランド街は、比較的サービス料が抑えられていますので、同じクラスのお店でも、東京の吉原や川崎などの方が、サービス単価が高く、ソープ嬢への手取り額も高いので、容姿やテクニック、経験に自信があれば、他エリアに移転して働いてみるのもいいかもしれません。