NK流で名を馳せた風俗街“西川口”は、B級グルメで街再生

埼玉県の西川口と言えば、かつて全国的に知られる風俗街でした。元々、西川口には、川口オートレース場、戸田競艇場があり、集客力がある土地柄と言えましたが、風俗街としての規模は、決して大きなものではありませんでした。

赤羽ピンサロ店が、西川口に流入し、NK流

しかし、2000年前後に赤羽のピンサロ店が大規模摘発に遭い、西川口に移転するかたちで流入すると、町の様相は一変しました。その理由は、“本サロ店”、つまり本番ができるピンサロ店だったからです。西川口の名をとって、NK流(Nishi Kawaguchi 流)と呼ばれるサービスは、ソープランドよりも格段に安いサービス料で本番ができるとあって、その知名度は、瞬く間に全国規模となりました。全盛期の西川口には、ピンサロ店が200軒とも300軒とも言われ、ソープランド街の吉原に肩を並べるくらいだったそうです。

風俗環境浄化でサヨナラ、本サロ店

風俗街、歓楽街としての規模が大きくなる一方で、治安の悪化を招くことになったのです。そして、ついには、拳銃による殺傷事件や大麻の売買など、犯罪組織の活動が深刻化してききました。事態を重く見た地元住民が、埼玉県警に働きかけ、2004年11月に西川口駅周辺を「風俗環境浄化重点推進地区」に指定しました。これには、新宿歌舞伎町で始まった「歌舞伎町浄化作戦」の影響が少なからずあるのかもしれません。西川口の本サロ店は、軒並み摘発され、壊滅状態になりました。それでも一部残った風俗店は、隠れるようにして営業していましたが、2006年5月に大幅改正された風営法が施行されるのを機に、同年秋には大半が閉店に追い込まれました。

一掃された風俗街の跡地にB級グルメタウン

こうして西川口から、西川口一丁目10番の区画を除き、風俗街が消滅しました。しかし、ここでひとつの弊害が生まれました。それは、風俗店を一掃したために、西川口駅周辺のビルは空き物件だらけとなり、また、風俗店の客や関係者を対象としていた飲食店も閉店に追い込まれ、空き店舗となってしまったことです。

風俗街の一掃と治安の回復と引き換えに、西川口は町としての活況を失ってしまいました。しかし、近年、西川口では、街再生として、空き店舗となり、閉ざされたままのシャッターを花の絵で彩る“アート作戦”を行ったり、“B級グルメタウン”として新たな活路を見出しています。特に2008年から始まった『川口B級グルメ大会』は、マスメディアに多数取り上げられ、年々その規模を大きくしています。また、空き店舗に新規飲食店の出店誘致を行うなど、新たな町づくりを目指しています。