風俗激戦区の池袋で、素人学園系イメクラで働く

池袋は、風俗激戦区であり、日本最大の風俗密集地帯

池袋と言えば、風俗激戦区です。池袋駅の東口、サンサイン通りを行けば、脇道に風俗エリアがあります。こちらには、ファッションヘルスやイメクラ店があり、近くのラブホテルを利用したホテヘル、デリヘルの受付所、待機所が多数あります。

一方、北口にもキャバクラや風俗店が軒を連ねています。その密集度と店舗数は、おそらく日本最大でしょう。また、その混沌とし、雑多な雰囲気は、小さな歌舞伎町といった感じがします。こちらにもラブホテル街があるので、ホテヘルやデリヘル店が多いのですが、ファッションヘルスやイメクラのほかに、SMクラブ、M性感、オナクラ、性感エステ、ソープランドまであります。まさに、風俗百貨店の様相を呈しています。

池袋の風俗の歴史は、それほど古くない

多くの風俗街が、江戸時代から続く遊郭から、戦後の赤線を経て、成り立っていますが、池袋にそうした歴史はありません。ただ、かつて闇市の本場だったり、埼玉からの東京への玄関であるため、多くの人の流れがあり、結果として風俗街を形成していったものを思われます。

池袋風俗百貨店で何して稼ぐ!?

池袋の風俗店で稼ごうと思ったら、百貨店のようなラインナップから何を選んでいいのか、非常に迷うところです。池袋駅へは、山手線、埼京線、湘南新宿ライン、東武東上線、西武池袋線、有楽町線、副都心線が乗り合わせており、知人バレが起きにくく、通うには非常に好都合な立地と言えるでしょう。

さて、短期間でより多くの収入を得ようと思えば、風俗の王様ソープランドでしょうか。こちらは、おおよそ大衆店ばかりのなので、年齢や容姿は高い条件はありません。

“池袋”風俗と言えば、素人系、学園系のイメクラで決まり!

池袋の風俗と言えば、やはりイメクラでしょうか。風俗密集地帯と言われる池袋の中で、イメクラは20店舗以上もあるのです。古くから営業している老舗イメクラ店もありますので、初めての風俗の仕事でも、比較的安心して働けるかと思います。池袋のイメクラの傾向としては、素人系、学園系が多いようです。つまり、女子高生の制服を着て、痴漢プレイ、拘束プレイ、夜這いプレイを行うというものです。そのため、年齢は、25歳以下を求められることが多いようですが、風俗のテクニック、経験については、、未経験、初心者、素人っぽさを売りにするので、求めらえません。そうした意味では、働き始める上で、敷居は低いと言えるでしょう。